永田学長や副学長(産学連携担当)らが米国東海岸の大学および企業研究機関等を訪問しました


永田恭介学長をはじめ、金保安則副学長・理事(産学連携担当)、ベントン・キャロライン・ファーン副学長(国際担当)、櫻井鉄也人工知能科学センター長、内田史彦国際産学連携本部審議役らが、9月10日~15日の6日間、本学と各機関との研究・教育連携の促進に向けた交流を行うため、米国東海岸の大学(オハイオ州立大学、メリーランド大学、デラウェア大学)、米国教育審議会(ACE)、日米研究インスティテュート、および企業研究機関(IBM トーマス・J・ワトソン研究所)を訪問しました。現地では、今後の連携に向けた有意義な会合・交流が行われ、世界トップクラスの大学等との研究・教育連携促進が期待される好機となりました。(大学公式ウエブサイトより)

カテゴリー: ニュース, 新着情報   パーマリンク