【学内対象】「知財セミナー―大学研究者が知っておきたい医療分野の知的財産」を開催


つくば臨床医学研究開発機構(T-CReDO)・国際産学連携本部共同セミナー

大学発の医薬品・医療機器シーズが必要とされる患者さんに届けられるためには、企業への導出を見据えた知財戦略を描くことが重要です。 本セミナーでは、医療分野における知財紛争の実態、その実態にみる知財の重要性、臨床研究や創薬研究における知財戦略の考え方等について、 具体的に分かりやすく説明します。
【日時】2017年10月16日(月) 18:00-20:00
【場所】筑波大学 臨床講義室C
【参加申し込み】不要
【問い合わせ】Tel 029-853-3861(内線3861) つくば臨床医学研究開発機構(T-CReDO)山本・小林
e-mail t-credo.adm@un.tsukuba.ac.jp
※ 本セミナーは臨床研究の「研究者・専門職研修Level2」のカリキュラムのひとつとして開催されます。
※ 受講記録をとりますので職員証・学生証をご持参ください。

プログラム

1)18:00-18:45
「研究成果を患者に届けるために-知財戦略とAMEDの支援-」
内海 潤(国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)知的財産部シニア知的財産コンサルタント)
2)18:45-19:30
「TR研究者が知っておくべき特許制度の話」
森田 裕(大野総合法律事務所 弁理士/博士(医学)・T-CReDO顧問弁理士)
3)19:30-20:00
「筑波大学における知的財産権の取扱と現在の動向」
大塚 伸恵(筑波大学産学連携部産学連携企画課 知的財産管理係 専門職員)

チラシはこちらをダウンロード⇒医療分野の知財セミナーチラシ

カテゴリー: イベント案内・報告, 新着情報   パーマリンク