体制

筑波大学の産学連携推進体制

筑波大学は、平成26年4月から新たに国際産学連携本部を設置しました。国際産学連携本部は、筑波大学における知的財産に関する業務を一体的に行うとともに、国際的に産学連携を推進するための諸活動を行い、もって法人の社会貢献を推進することを目的としています。

H28国際産学連携本部体制

国際産学連携本部の構成

担当 所掌業務
知的財産管理 知的財産管理の企画・立案、契約・紛争への対応等
契約管理交渉 知的財産の評価・技術移転、共同研究・受託研究への対応等
イノベーションプログラム 企業等との連携・協力等
産学連携 国際産学連携本部の庶務、会計、広報等

関連会議等

国際産学連携本部運営委員会 国際産学連携本部の組織、事業計画、予算、制度設計等に関して協議
国際産学連携本部運営協議会 産学連携の社会展開、地域連携の強化に関して協議。

国際産学連携本部構成員から一言

内田史彦 国際産学連携本部審議役
内田史彦 国際産学連携本部審議役
未来の産業・生活を創造する学際的研究成果の社会実装を進めていきます。