つくば医療産業懇談会
会長および幹事
懇談会記録
懇談会規約
リンク
登録

【トップページへ戻る】

 


【つくば医療産業懇談会】

 

つくば医療産業懇談会会長

落合 直之

つくば究学園都市地域は、大学、国立研究所、企業の研究機関など、産官学の研究機関の一大集積地であります。医学領域においても、「生命の設計図」ともいわれるゲノムの解析などの基礎的研究から臨床研究まで、幅広い分野で世界的にレベルの高い研究活動が展開されております。しかしながら、相互の連携や協力はこれまで研究者の個人的なレベルで進められており、研究機関が集積していることの利点が十分に活用されておりませんでした。

「つくば医療産業懇談会」(Health-care & Industry Network in Tsukuba; HINT)は、こうした状況を改善し、つくば研究学園都市地域の特性を生かした産・官・学連携を医学の分野で進めることを目的として平成12年7月に設立されました。懇談会では、大学、国立研究所や企業の研究機関などの研究者、医療従事者、医療産業の経営者や技術担当者、行政担当者らが一堂に会して、研究内容や相互の医療技術上の課題、製品開発の可能性などについて意見の交換を行っております。このような情報交換や人材交流の場は、これまでには見られなかったものであります。参加者にとっては、日常とは異なる視点から研究や技術課題を考えるよい機会となっており、まさに先端医療の開発に向けたヒント(HINT)をつかむ場となっております。

このHPを通じて、つくば研究学園都市や近隣地域から新たにHINTへの入会を希望される方がいらっしゃれば幸いです。また、HINTの活動をヒントとして、医学領域での産・官・学連携の推進活動が各地で盛んに行われるようになることを願っております。



copyright (c) 2001-2002.Health-care & Industry Network in Tsukuba