筑波大学発ベンチャー

大学発ベンチャーの定義

「大学発ベンチャー」とは大学が関係して設立されたベンチャーです。
ここで「ベンチャー」とは、大学における教育研究に基づき新たな技術やビジネス手法をもとにして設立した企業をいいます。また、「大学が関係した」とは次のことを意味します。

  1. 大学の教職員、学生・院生(以下、学生等)を発明人とする特許をもとに起業(特許による技術移転型)
  2. 1.以外の大学で達成された研究成果または習得した技術に基づいて起業(特許以外による技術移転(または研究成果活用)型)
  3. 大学の教職員、学生等がベンチャーの設立者となったり、その設立に深く関与するなどした起業。ただし、教職員、学生等が退職、卒業等した場合については、当該ベンチャー設立まで他の職に就かなかった場合または退職や卒業等から起業までの期間が 1年以内の事例に限る。(人材移転型)
  4. 大学、TLOやこれらに関連のあるベンチャーキャピタルがベンチャーの設立に際して出資をした場合(出資型)
  • ※筑波大学は、大学からの技術移転などを元に設立された大学発ベンチャーを通じて、社会に貢献しています。これらの大学発ベンチャーは、大学とは別個に独立して経営を行う企業体としてそれぞれの事業の発展に努力しています。