「平成23年度産学官連携に関する研修会(第1回)」を開催しました


平成23年度産学官連携に関する研修会(第1回)が、7月29日(金)に筑波大学主催により、文部科学省研究交流センター(つくば市竹園)において開催しました。
この研修会は筑波大学が文部科学省補助事業「大学等産学官連携自立化促進プログラム」の採択を受け平成20年度から実施しているもので、主に研究支援者を対象として、産学官連携推進事業を円滑に推進するために必要な知識の習得を目的に、つくば市内の各研究機関及び県等に呼びかけ、今回は初級レベルの知識に関する研修会として開催しました。
プログラムは、大阪大学産学連携本部知的財産部長の正城敏博氏による「産学連携基礎講座」及び山口大学産学公連携推進・イノベーション推進機構知的財産部門長の佐田洋一郎氏による「知的財産マネジメント基礎講座」~産学連携関係者が知っておきたい知的財産の知識~からなり、実際の様々な発明品を事例にしての説明があるなど、産学官連携業務初心者にとっても非常にわかりやすい講義となりました。研修会には、筑波大学及びつくば市内の研究機関等の産学官連携業務の担当者、29名が参加しました。

230729_sata
正城氏の講義
230729_masaki
佐田氏の講義
カテゴリー: イベント案内・報告   パーマリンク