担当者紹介

クリエイティブマネージャー

中川 昌也 (NAKAGAWA Masaya)

nakagawa E-mail nakagawa.masaya.fn/un.tsukuba.ac.jp
TEL 029-859-1856
FAX 029-859-1693
バックグラウンド  製薬企業の綜合研究所、事業開発部を経て、2018年8月より現職。
企業在職26年のうち20年は綜合研究所で勤務し、薬理研究部長、プロジェクトマネージャー、研究推進部長などの研究マネジメントを経験。日米で臨床開発を実施した中枢神経系薬剤の創出にも関与。4年間は事業開発部にてライセンス業務を担当する。
人生のほとんどを地元の富山県で過ごすはずの予定が筑波大学にご縁があり単身赴任中。
資格:薬学博士・薬剤師

國土 順一(KOKUDO Junichi)

E-mail kokudo.junichi.ge/un.tsukuba.ac.jp
TEL 029-859-1490
FAX 029-859-1693
バックグラウンド 日本電気(株)の無線部門、北米研究所、中央研究所にて研究開発実務とマネージメントを経験後、2001年の省庁再編時に内閣府科学技術政策統括官組織へ出向。
NECへ帰任後はサービス基盤研究、スマホ事業立ち上げ、グローバルセイフティ事業を担当。シリコンバレー駐在、VC投資、M&Aなど主に新規事業の立ち上げに注力してきた。
2018年からのIT調査会社IDCのアナリスト経て、2019年12月より現職。
専門分野 デバイス、システムアーキテクチャ、ITサービス、IT関連事業

ルレ 美華子 (LE LAY Mikako)

E-mail lelay.mikako.fn/un.tsukuba.ac.jp
TEL 029-859-1642
FAX 029-859-1693
バックグラウンド 横浜国立大学大学院工学研究科博士課程修了 工学博士
スイス連邦チューリッヒ工科大学(ETH)固体物理学科 ポストドクター
トヨタモーターヨーロッパ株式会社R&Dにて、先端材料研究(産学連携)、車両・部品開発、eモビリティ推進に従事。25年ぶりに帰国後は、監査法人及び総合研究所にて、産業調査、次世代社会研究(シェアリングエコノミーなど)を担当。その後、JICAシニアボランティアとして、念願だったアフリカ(ザンビア)に赴任。
2020年12月より現職で、革新技術の産学連携を通じ、平和で明るい未来社会づくりに貢献していきたい。
専門分野 自動車、環境エネルギー、ナノ材料、次世代社会、CSR

森田 清紀 (MORITA Kiyonori)

E-mail morita.kiyonori.fu@un.tsukuba.ac.jp
TEL 029-859-1851
FAX 029-859-1693
バックグラウンド 大学で合成音声の評価法を研究後、(株)日立製作所に入社。公益ITシステムの企画・提案、 各社の環境・省エネ技術を海外展開する政府系協議会の運営を担った。
自治体、病院、企業、大学と組み、黎明期の各国スマートシティのシステムを協創。
エネルギー設備とITと運用をセットでインフラ輸出する、電力会社とメーカのJVの初代経営トップを5年間務め、黒字化。帰任後、新事業・提携・知財方針の策定業務を経て、2022年6月より現職。
学生時代に、産官学連携で社会貢献する研究者の著書を拝読して感銘を受けて以来、先進の自然科学・社会科学・技術・芸術の社会実装を通じて、年代横断で貢献したいと、国際産学連携分野に参画。
専門分野 電力IT、スマートシティ、環境・省エネ・新エネ、インフラ運用、音響心理

技術移転マネージャー

研究・技術シーズの調査・発掘、権利化支援、技術移転支援、共同研究の組織化支援等を担当します。

大場 浩美 (OHBA Hiroyoshi)

大場 浩美(OHBA Hiroyoshi) E-mail ohba.hiroyoshi.ge/un.tsukuba.ac.jp
TEL 029-859-1690
FAX 029-859-1693
バックグラウンド 筑波大学・生物学類、生物科学研究科にて細胞生物学を専攻、博士(理学)
東京理科大学・基礎工学部・生物工学科にて生物工学の講義と実習、感染症診断法と抗体工学・抗体医薬の研究を行った。
バイオベンチャーにて抗体医薬の研究開発と抗体作製サービス事業の立ち上げ、ヒト抗体作製技術の製薬企業へのライセンス事業に携わった。
武田薬品工業株式会社・医薬研究本部で抗体医薬の研究開発に従事したあと、研究アライアンス部門で医薬品研究の産学連携業務にあたった。
慶應義塾大学・医学部にて学術研究支援と産学連携に従事した。アカデミア、ベンチャー、大企業の立場で研究と産学連携に携わった経験・知識・技能を活かし、2018年5月より筑波大学・国際産学連携本部にて技術移転マネージャーを務めている。
専門分野 バイオ、医薬、知財管理

野村 豪 (NOMURA Tsuyoshi)

野村 豪(NOMURA Tsuyoshi) E-mail nomura.tsuyoshi.fw/un.tsukuba.ac.jp
TEL 029-859-1682
FAX 029-859-1693
バックグラウンド 筑波大学大学院 数理物質科学研究科 電子物理工学専攻修了(工学)
(株)SUBARU(旧 富士重工業(株))にて自動車開発に従事し、衝突時の乗員保護性能の研究・開発業務を担当。
2018年6月より現職。
専門分野 半導体デバイス、ナノサイエンス、材料力学、インパクトバイオメカニクス

後藤 秀利 (GOTO Hidetoshi)

後藤 秀利(GOTO Hidetoshi) E-mail goto.hidetoshi.fw/un.tsukuba.ac.jp
TEL 029-859-1497
FAX 029-859-1693
バックグラウンド 早稲田大学理工学部電気工学科 (システム工学)
ソニー株式会社で、企業情報システムに従事。
ITを利用した情報流通/情報資源管理/プロセス改革を実践。
Data (Meta Model), Application, Technology で構成されるシステムアーキテクチャに則ったシステム設計・開発・導入を多数経験。
2014年から約5年間、システム監査、情報セキュリティ等のIT統制を担当。
[実務経験]
– 大規模Soft開発(Java等)、パッケージ導入(SAP/Oracle EBS)
– NetworkやServer等インフラ拡充や基本ソフト刷新による情報基盤整備
– B2B含むGlobal Supply Chain Management の構成設計や導入
– クラウドを含むシステム監査、セキュリティ監査、個人情報保護
[情報処理試験]
– システム監査技術者、システムアナリスト、特種情報処理技術者、ITIL Foundation
2018年12月より現職。
専門分野 情報処理、システム監査、内部統制、システム分析、システム設計

塚本 正志 (TSUKAMOTO Masashi)

E-mail tsukamoto.masashi.fw@un.tsukuba.ac.jp
TEL 029-859-1682
FAX 029-859-1693
バックグラウンド 株式会社日立製作所知的財産本部を退職し、2021年4月より技術移転マネージャの職に就かせていただきました。
日立製作所在籍中は知的財産関連の業務を担当しており、在籍期間中、米国(1994年~1996年)、中国(2016年~2019年)での駐在を経験しています。
また、1992年に日本国弁理士登録、2005年に特定侵害訴訟代理業務付記、また、1996年に米国Patent Agent試験に合格しており、これまで知財業務一筋です。
筑波大学勤務前の1年間は在宅勤務が中心で、いわゆる「コロナ太り」になり、現在も体重増加対策としてスポーツジムに通っています。

萩原 篤 (HAGIWARA Atsushi)

E-mail hagiwara.atsushi.gf@un.tsukuba.ac.jp
TEL 029-859-1496
FAX 029-859-1693
バックグラウンド 1989年筑波大学大学院理工学研究科修了。
常陽銀行では、システム開発、総合企画、営業企画、融資審査等、幅広い本部業務を担当。
公財)国際金融情報センター(出向)では主にアジア各国のソブリンリスク評価に従事、常陽銀行のシンクタンクでは地域社会、産業にかかる調査研究を行い、特に茨城県内の地域社会の特性、産業の特性に通じている。

松永 淳 (MATSUNAGA Atsushi)

E-mail matsunaga.atsushi.ff@un.tsukuba.ac.jp
TEL 029-859-1684
FAX 029-859-1693
バックグラウンド 東京大学大学院工学系研究科化学エネルギー工学専攻修士課程修了。
富士フイルム(株)にて、研究開発、技術戦略、技術系人材教育、社外技術スカウティング等に従事。
2015年4月から2019年3月迄、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構に出向し、研究開発型スタートアップ支援に従事。2021年7月より現職。
専門分野 電気化学、光化学

出山 行孝 (IDEYAMA Yukitaka)

E-mail ideyama.yukitaka.ft@un.tsukuba.ac.jp
TEL 029-859-1494
FAX 029-859-1693
バックグラウンド 京都薬科大学大学院修士課程修了。
1991年に山之内製薬(現アステラス製薬)研究本部に入社し、薬理研究に従事。主に前立腺癌のホルモン療法研究、血管新生阻害薬研究、がん免疫研究等を実施。2018年からメディカルアフェアーズ本部にて、前立腺癌、膀胱癌、胃癌を担当。
2021年9月より現職。
博士(医学)(1999年 筑波大学)
薬剤師
第1種放射線取扱主任者
専門分野 前立腺癌、膀胱癌、in vivo pharmacology

河添 宏 (KAWAZOE Hiroshi)

E-mail kawazoe.hiroshi.fn@un.tsukuba.ac.jp
TEL 029-859-1463
FAX 029-859-1693
バックグラウンド 筑波大学大学院理工学研究科修士課程(物理工学)修了。
エレクトロニクス材料、モビリティ部材等を主力とする機能性化学メーカーで研究・開発に従事。2年間の民間シンクタンク出向を経て経営企画、新事業企画に携わり、大学からの技術導入、ベンチャー企業との事業企画などに取り組みました。数々の失敗経験から多くを省察しました。企業の現場感覚を理解した大学発産学連携の推進に貢献したいと存じます。

木澤 秀樹 (KIZAWA Hideki)

E-mail kizawa.hideki.fu@un.tsukuba.ac.jp
TEL 029-859-1493
FAX 029-859-1693
バックグラウンド 1990年3月に筑波大学大学院農学研究科(農学修士)を修了し、同年4月に武田薬品に入社した。最初のテーマは微生物酵素による新規オリゴ糖の合成研究であった。
その後、武田薬品にて主にペプチド、低分子化合物、核酸等の創薬研究をリードした。2002年から2005年には理化学研究所に出向してゲノム創薬技術を学び、論文博士(農学)を取得した。その後、武田薬品では京都大との共同で再生医療研究と、ゲノム編集技術を習得した。2014年からは株式会社サイフューズにてバイオ3Dプリンティング技術を用いた再生医療研究、2017年からはレナセラピューティクス株式会社でヘテロ2本差核酸技術を用いた核酸医薬研究をリードした。その後は本社勤務し、研究企画部長として製薬企業との技術面談や、東京薬科大とのAMED次世代がん医療創生研究を2年間リードした。
2022年8月より筑波大学技術移転マネージャーとして現職。

川東 孝至 (KAWATO Takashi)

E-mail kawato.takashi.gb@un.tsukuba.ac.jp
TEL 029-859-1669
FAX 029-859-1693
バックグラウンド 東京工業大学大学院総合理工学研究科材料科学専攻修士課程修了。
都市ガス会社にて導管網の予防保全計画・中長期形成計画に関わる企画業務、並びに、流送解析・流体制御機器に関わる研究・開発業務に取り組む。特許庁審査第二部生産機械(ロボティクス)にてプラントの監視制御・フィードバック制御その他の制御分野の出願審査業務に従事。2008 年に博士号を取得。2013 年に日本国弁理士登録。一般社団法人滋賀県発明協会にて地方創生を目的に中小企業・個人事業主等を対象とした知財総合支援業務を担当。
2022 年 8 月より現職。

産学連携URA (ユニバーシティ・リサーチ・アドミニストレーター)

研究・技術シーズの調査・発掘、権利化支援、技術移転支援、共同研究の組織化支援等を担当します。

奥山 博 (OKUYAMA Hiroshi)

E-mail okuyama.hiroshi.ga@un.tsukuba.ac.jp
TEL 029-859-1682
FAX 029-859-1693
バックグラウンド アサヒビール(株)でマーケティング市場調査などを経て、9年間IT部門の部長を務めました。会社がビール単体経営からグループマネジメント、グローバル経営へと移行していく中、各部門のあるべき業務プロセスと情報システムの在り方について模索しました。その後、子会社の社長として4年間、酵母エキス調味料事業の立ち上げに従事。新規事業の立上げでは、売上高こそ0から8億円台まで伸ばしましたが、財務面や品質保証面でたいへん苦労する経験を持ちました。これからの若い方々に対し、自分が得てきた経験によって、事業立ち上げ時に体験する様々な苦労が少しでも軽減されることに役立てばと考え、「科学の街」つくばに参りました。
中小企業診断士
専門分野 マーケティング、食品

産官学共創プロデューサー

中嶋 泰雄(NAKAJIMA Yasuo)

E-mail nakajima.yasuo.gn/un.tsukuba.ac.jp
TEL 029-859-1487
FAX 029-859-1693
バックグラウンド 民間企業、国立大学等で企画、新規事業他を担当。民間、官民ファンド、VCの立ち上げ、運営、ベンチャー投資、育成。文部科学省官民イノベーションプログラム(大学出資事業)の企画制度化。経済産業省、総務省の新規事業、ベンチャー、AI、IoT等委員。NEDO、JAEA、事業会社、金融機関等のベンチャーやイノベーションプログラムのアドバイザー、メンター。各種法人の役員、委員。2020年12月より現職。

神谷 誠(KAMIYA Makoto)

E-mail kamiya.makoto.fn/un.tsukuba.ac.jp
TEL 029-859-1487
FAX 029-859-1693
バックグラウンド 製造業での製品開発・海外プロジェクト管理、経営コンサルファームでの新規事業立ち上げ・業務改革を経て、2021月1月より現職。
製造業では、三菱ロジスネクスト株式会社などにて、産業機械の自動運転(バイワイヤ)の開発・プロジェクト管理などに従事。
経営コンサルファームでは、株式会社メディオクリタスにて、新規物流サービスの事業構想や開発プロセス改革に従事。
2012年、アリゾナ大学航空宇宙学科修士課程修了
2016年、東京大学エグゼクティブマネジメントプログラム修了
2020年、ソフトバンクアカデミア(孫正義後継者コミュニティ)入校
趣味の空手では、ラスベガスの国際大会にて優勝。また、NPO法人を立ち上げ、海外での武道教育の普及に尽力。
専門分野 機械工学、宇宙工学、システム制御、事業構想、開発プロセス改革