「つくばサイエンス・エッジ2015」にてワークショップを開催します


に ​つくば国際会議場で催される、中高生のサイエンスアイデアコンテスト
「つくばサイエンス・エッジ2015」にて、筑波大学附属坂戸高等学校 藤原亮治先生による
産学連携成果を用いたワークショップを開催します。

 ワークショップ これで私もオリンピアン!? - スポーツ・身体活動を豊かにするICT活用の今
 【 内 容 】 2020年東京で開催されるオリンピック・パラリンピック。

筑波大学では産業界と学術(大学)が連携し、トップアスリートの育成・支援はもちろんのこと、5年後の本大会を「観る」・「支える」立場の私たちと、スポーツの結びつきを深める様々な取り組みを行っています。

その一つが、身体動作を容易に比較分析できるタブレット端末用のアプリケーションソフトの開発です。運動技能習得や向上には、自分の動作やフォームを客観的に認識し、正しいフォームへ近づけていくことが重要になります。

従来、このような課題にもタブレットを含むビデオ機能がついた電子機器が用いられてきましたが、フォーム確認や手本となる画像との比較をリアルタイムで行うことが難しい課題がありました。この課題は単に「できる・できない」にとどまらず、見る側とする側の評価のズレからくるコミュニケーション状態の悪化なども引き起こします。


今回これらの課題を解決し、いつでも、どこでも、楽しく身体活動と向き合えるアプリケーションソフト「見ん者」を用いて、簡易な身体活動を皆さんとともに行います。
スポーツが「できる」楽しさだけでなく、「解る」楽しさ、「観る・支える」楽しさを体験していただきたいと思います。

これまでトップアスリートと研究者以外は難しかった「リアルタイムでスポーツを科学する」ということ。誰もがいつでもできるようになった今だからこそわかる「スポーツの楽しさ」があるかもしれません。

 【 講 師 】 藤原 亮治 先生 (筑波大学付属坂戸高等学校 教諭)
 【配布資料】 科学的なスポーツ習得学習への活用事例PDF(2.48MB)

「つくばサイエンス・エッジ2015」については、
 つくば Sience Edgeホームページ(
 をご確認ください。

【本件に関するお問合せ先】

筑波大学 国際産学連携本部 産学連携課イノベーションプログラム支援チーム
TEL: 029-853-2906 / FAX: 029-853-6565  E-MAIL: tlo/ilc.tsukuba.ac.jp
カテゴリー: イベント案内・報告   パーマリンク