国際産学連携本部とは

 国際産学連携本部長あいさつ

金保 安則
国際産学連携本部長、大学執行役員

筑波大学は、国際的な産学官連携活動の重要性を考慮し、それまでの産学連携本部を改組発展させて、平成26年4月から新たに国際産学連携本部を設置しました。国際産学連携本部においては、以下の目標の実現を目指しています。

  1. 産学官連携活動は、大学の研究成果による社会貢献であるとの認識のもとに、技術移転が現実に起こり、それが社会経済の変革にまでつながること(イノベーションの創出)に重点を置いて推進する。
  2. 知的財産管理に関しては、評価・目利きを充実させ、知財の国際展開を重点的に推進する。
  3. 既存の企業への技術移転に関しては、共同研究等の組織化が有力な手段であるので、企業との共同研究等の拡充を推進する。
  4. 技術移転に際して適当な既存の企業が存在しない場合には、大学発ベンチャーが技術移転のための有力な手段となるので、大学発ベンチャーの育成支援を推進する。
  5. 筑波研究学園都市に所在する大学として、政府系研究所や企業研究所、大学等との一層の連携を推進するとともに、茨城県やつくば市等地域との連携を加速する。
  6. 知的財産・技術移転・ベンチャー支援等に関する学内におけるノウハウの蓄積に努め、人材育成に努めるとともに、ノウハウの他大学への移転を推進する。

今後とも、筑波大学がその研究成果を通じて産業や社会の発展に貢献できるよう、国際産学連携本部の体制の充実を図るとともに産学官連携活動をますます活発化させることを目指します。

筑波大学国際産学連携本部産学連携戦略 from 298TLO

スライドを閲覧できない方はこちら産学連携戦略