2019年度「アントレプレナーシップ デベロップメント」の受講生募集開始


【プログラム概要】
研究成果から事業的に受け入れられるPOC(Proof of Concept)を実現するための支援プログラム。“プロダクトの仕様決定”、“POCプロトコル”、“簡易プロトタイピング”を実施し、エンジェルラウンド、VCラウンドに進むために最低限必要な要件をクリアすることを目指します。


【日時】9/21・10/12・11/2・11/23・12/14  各日とも13:00~17:00
【場所】31VENTURES KOIL(https://www.31ventures.jp/ventureoffice/koil/#access
(12/14については都内を検討中)

【対象者】
学生、院生、ポスドク、研究者、事業企画者、企業の研究開発者、事業開発者
・研究成果をベースに事業化を目指している方
・テック系起業の手法を学びたい方
・新事業創成のミッションにある民間企業の研究者、開発者、企画部門の方

【参加費】
①コンソーシアム(東京大学、筑波大学、お茶の水女子大学、静岡大学)及びつくば市内の公的研究所に所属している上記対象者:無料
②上記以外の方:30万円/人(税込)
ただしフォロワー受講の場合は5万円/人(税込)、基礎編から継続の場合は無料
※参加費の支払い方法については、申し込み後別途メールにて案内いたします。

【定員】40人 (応募多数の場合は選考有)

【お申し込み方法】
以下の区分で応募を受け付けます。こちらよりご応募ください。

シーズをお持ちの方
*1
事業化したい研究成果のある方
7月31日(水)17:00締切
フォロワー
*2
事業化の手法を学びたい方
8月7日(水) 10:00 募集開始(シーズリストを公開します)
8月30日(金)17:00締切

*1 チームで活動されている方はチームでの応募が可能です。
*2 シーズをお持ちの方のテーマを事業化するチームの一員として参加


・つくば市特定創業支援事業について:本プログラムに4回ご出席の方は、創業時に必要な4要素(※)を習得し、「創業支援事業計画」に基づく特定支援事業の支援を受けた創業者として、つくば市が証明書を発行します。これによりつくば市で創業する方は、法人設立時の登録免許税の軽減等の優遇措置を受けることが出来ます。なお、証明書の発行には申請が必要です。
※「経営」「財務」「人材育成」「販路開拓」の4要素。本プログラムでは各回に全ての要素が含まれます。

【注意事項】
・全日程の参加が前提です。参加できない日がある場合は事務局へご相談ください。
・無断欠席者には受講の取り消し、今後同様のプログラムへの参加をお断りする可能性があります。
・アンケートにご協力ください。
・秘密保持契約書へのご署名をお願いします。
・本イベントの様子は写真等で記録・発信する場合があります。


■問い合せ
筑波大学産学連携部産学連携企画課
筑波大学EDGE-NEXTプログラム事務局 担当:関、橋野
Tel 029-859-1649 email:edge@ilc.tsukuba.ac.jp

カテゴリー: EDGE NEXT, イベント案内・報告, ニュース, 新着情報   パーマリンク