「TCCアドバンスト」起業プラン発表会を開催


12月20日(水)、東京キャンパス121講義室において、今年度最後の授業となる「起業プラン発表会」を学内外からの来場者を迎えて開催し、11組の事業案が披露されました。

審査員として、フラー株式会社代表取締役CEOの渋谷修太氏、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社よりエグゼクティブディレクター源田真由美氏、パートナー土田篤氏、Skyland Ventures代表パートナーの木下慶彦氏、一般社団法人日本スタートアップ支援協会代表理事の岡隆宏氏、D4V(Design For Ventures)COOの伊藤健吾氏、インキュベイトファンド代表パートナーの村田祐介氏をお迎えしました。また、学内からは内田史彦教授(国際産学連携本部本部審議役)が審査に加わりました。

審査の結果、最優秀賞を受賞したのは、「下痢チェッカー~Can you drink tap water around the world ?~」です。この提案は、海外旅行でミネラルウォーターを用いて、うがいや手洗い料理をする人に、その国の水道水を使用してもらうために、危険度を可視化するプロダクトです。プレゼンテーション中には、実際にチェッカーを使ってベトナムの水道水の水質をチェックし、その場で飲んで会場を沸かせました。
「下痢チェッカー」チーム代表の高橋晃平氏(生命環境学群学群3年)には、森川氏から優勝カップが手渡されました。副賞は、筑波みらいの会(筑波大学出身経営者の会)から「協賛金10万円の贈呈、平砂インキュベーションオフィスの使用許可」です。

参加者、審査員、スタッフで記念撮影

また、審査員からも賞が贈られました。木下氏からはSkyland Ventures賞として4チームに、「1月中に起業したら500万円の投資」が授与されました。その他、「起業について熱く語るディナー(温泉付き)」「EYコンサルタントとのスパークリングセッションの開催」「完全招待制のランチ交流会に無料招待」「起業するまで面倒を見る」などの賞が、それぞれ審査員が選んだチームに授与されました。筑波大学賞としては、「気づき合いコミュニケーションツール「人生すごろく」」チームに「筑波大学ILC棟内アントレプレナーズ・プレミアムカフェ」が授与されました。

カテゴリー: ニュース, 新着情報, 筑波クリエイティブ・キャンプ・ベーシック   パーマリンク