国際産学連携本部メルマガ「第6号」を発行しました


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━                               ━━
━  ◆ 筑波大学 国際産学連携本部 メールマガジン 第6号 ◆  ━
━━                               ━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ※bccで送信しております。           》2018/3/2発行《

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 今 号 の 目 次 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【1】筑波大学「産学連携 & 人材育成」イベント・最新情報

【2】筑波大学エクステンションプログラムの紹介

【3】筑波大学発ベンチャー最新トピックス

【4】企業様を対象とした「産学連携プラットフォーム」の紹介

【5】筑波大学の研究成果―最新情報

【6】その他の案内(筑波大学の研究成果、公募情報、産学連携関連のイベント情報など)

【7】国際産学連携本部より
    
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】 ★ 筑波大学「産学連携 & 人材育成」イベント・最新情報 ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 第1回 筑波大学開発研究センターシンポジウム
―未来の社会・産業・暮らしを拓く“5つの開発研究センター”の成果と今後の展開 ■
筑波大学の5つの開発研究センターの合同シンポジウムを開催します。
各開発研究センター(https://www.sanrenhonbu.tsukuba.ac.jp/2017rd/ )による成果をご紹介します。

日時:2018年3月6日(火) 14:30~17:25
場所:筑波大学筑波キャンパス春日エリア 情報メディアユニオン1階ユニオン講義室(つくば市春日1-2)
春日エリアへのアクセス→http://www.slis.tsukuba.ac.jp/grad/access/access/
春日エリアのキャンパスマップ→http://www.tsukuba.ac.jp/access/map_kasuga.html 
対象:教員、職員、学生、一般
内容:各開発研究センターによる講演ほか
主催:筑波大学国際産学連携本部
後援:筑波大学産学連携会(TOMO)
参加費:無料 (事前申し込み可)
申し込み:https://goo.gl/forms/OdsMRnWeiWS4L0hj1
◇プログラム
14:30~学長挨拶
14:35~国際産学連携本部長挨拶
14:45~藻類バイオマス・エネルギーシステム開発研究センター
15:15~プレシジョン・メディスン開発研究センター
(休憩 10分)
15:55~未来社会工学開発研究センター
16:25~スポーツイノベーション開発研究センター
16:55~ヘルスサービス開発研究センター

◇問い合わせ 筑波大学国際産学連携本部
Tel 029-859-1624
Fax 029-859-1693

第1回筑波大学開発研究センターシンポジウムを開催

■ 第2回TIA-TLSKライフイノベーションワークショップ
つくば地域におけるライフイノベーションのための連携基盤の構築を目指して ■

日時:2018年3月7日(水) 13:30~17:40
場所:筑波大学筑波キャンパス春日エリア 春日講堂(つくば市春日1-2)
春日エリアへのアクセス→http://www.slis.tsukuba.ac.jp/grad/access/access/
春日エリアのキャンパスマップ→http://www.tsukuba.ac.jp/access/map_kasuga.html 
入場無料(要事前申し込み)
事前申し込み:①名前、②所属、③懇親会(17:40~、会費1000円)参加の有無、④移動手段を明記のうえ、tia-ws@un.tsukuba.ac.jp 宛にメールで申し込み(3月6日締め切りに延長しました)
主催:TIA、つくばライフサイエンス推進協議会(TLSK)
後援:つくばグローバル・イノベーション推進機構
https://www.tia-nano.jp/data/doc/1517188388_doc_22_0.pdf
◇問い合わせ 筑波大学TIA推進室
Tel 029-853-4028

■ 平成29年度シーズ発表会「筑波大学との技術交流会」
―次世代モビリティが拓く未来社会― ■

筑波大学で進めている次世代小型モビリティと街づくり研究について、実演デモを交えて紹介します。
「自社商品を開発したい」「新規事業を創出したい」と考えている企業様や支援機関の皆様からの参加をお待ちしております。

日時:平成30年3月8日(木)13:00~16:30
会場:筑波大学産学リエゾン共同センター(ILC棟)1階106会議室
定員:30人(先着順)
参加費:無料(要事前申し込み)
申し込み方法:チラシ裏面の申し込み書に必要事項を記入のうえ、ファックスまたはe-mailで申し込み
申し込み用チラシのダウンロードはこちら⇒https://www.sanrenhonbu.tsukuba.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2018/02/293ed7e1f807f1f02aaab78667fe974f.pdf
主催:茨城県、公益財団法人茨城県中小企業振興公社、筑波大学

講演1:「自動車を取り巻く最近の情勢と今後の技術課題―時代の変曲点で生まれる新たなビジネスチャンス」
講師=川本雅之教授(国際産学連携本部)
講演2:「街づくりと一体になって進める新たなモビリティ社会の創出」
講師=伊藤誠教授(システム情報系)
講演3:【自動運転実演デモ】「力覚フィードバックを応用した次世代交通システム研究」
講師=矢野博明教授(システム情報系)

◇問い合わせ 公益財団法人茨城県中小企業振興公社 知財総合支援窓口(担当:大塚)
Tel 029-224-5339  Fax 029-221-8840
e-mail s-otsuka@iis-net.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】   ★ 筑波大学エクステンションプログラムの紹介 ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■筑波大学エクステンションプログラム事務局では、筑波大学の特徴である学際融合により、火花を散らしながら生み出された最先端の教育研究の成果を、直接知っていただけるプログラムをご用意しています■
※4月以降、新プログラムが次々と開講する予定です。
過去のプログラムはウエブサイトからご確認ください。
http://extension.sec.tsukuba.ac.jp/

◇問い合わせ 筑波大学エクステンションプログラム事務局
〒305-8550 茨城県つくば市春日1-2 高細精医療イノベーション棟1F
Tel 029-859-1648 (受付時間:月~金9:30~17:00)
e-mail ext_pro16@un.tsukuba.ac.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】    ★ 筑波大学発ベンチャー最新トピックス ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ストリームテクノロジ(株)が「第5回先進的IoTプロジェクト選考会議―Iot Lab Selection」のファイナリストに選ばれました。
https://iotlab.jp/ConferenceRoom/article/file/event_program0306.pdf

(株)空間知能化研究所が「内閣府オープンイノベーションチャレンジ2017」の認定企業に選ばれました。
http://www8.cao.go.jp/cstp/openinnovation/procurement/challenge/2017/2017nintei.html

(株)シェアトレの代表取締役が大学生起業家アワード「EO GSEA(グローバル学生起業家アワード)」で優勝し、日本代表に選ばれました。
http://eo-gsea.strikingly.com/

ピクシーダストテクノロジーズ(株)と筑波大学が特別共同研究事業を開始しました。

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社、筑波大学と特別共同研究事業を開始し、同大学内に「デジタルネイチャー推進戦略研究基盤」(通称 Digital Nature Group powered by Pixie Dust Technologies)を設置

第1回茨城テックプラングランプリで食機能探査研究所が最優秀賞を受賞しました。

第1回茨城テックプラングランプリ 最優秀賞決定!

↓最近承認されたベンチャーは以下のとおりです。
■(株)DDSNA(2018.2月設立)
独自に研究開発してきた、自己同期型パイプラインによるデータ駆動プロセッサを核として、電池での稼働持続時間の保証、異常の自律的な検出・隔離、超低消費電力といった特徴を備えたネットワーキングシステムとその応用の開発・知財ライセンシング・コンサルティングなどを行う。
具体的な応用例としては、IoT(特に将来的に1兆個ものセンサーが活用されるトリリオンセンサ社会)に向けた無線センサネットワーキングシステムや、サイバー攻撃なども異常として検出・隔離可能な、従来に比べて格段に堅牢なネットワーキングシステムなどがある。

■forent(株)(2018.1月設立)
自分の持っているモノを、使わない時に、一時的に使いたい人に貸し出して収入を得たいという貸主と、必要なモノを、必要な時(期間)だけ使用したいという借主の双方のニーズをマッチングするWEBプラットフォームを提供することで、モノのシェアリングエコノミーサービスを実現する。
本サービスの提供により、貸主は、今使っていない・眠っている資産に価値を付与することを可能とし、借主は、一時的にしか使用しない商品を購入せずに、安価に使用出来ることを可能とします。

■(株)アイ・モビリティプラットフォーム(2017.7月設立)
自動走行小型公共交通システムの企画・開発・製造およびそのモビリティを使った街づくり/モビリティサービス運用等に関するコンサルティング。

■(株)中央地学(2017.3月設立)
空間情報技術(GIS・GPS等)や地理空間情報を活用した、地域の調査・研究・分析を通じて、豊かなパブリックライフや情報格差の無い社会づくりに貢献する。

■(株)シェアトレ(2016.8月設立)
全国のアマ指導者20万人が悩んでいる毎日のトレーニングメニューをみんなで共有して交流するサイトを構築・運営。
筑波大学蹴球部が持つプロアマ指導者ネットワークを活用し、投稿者、利用者を増やす。各チーム専用アカウントで練習メニューの蓄積も可能でチームに所属するコーチや保護者間だけの共有も可能とし、チーム運営支援にも活用できる。
まずはサッカーを中心にプラットフォームを形成し、その後に野球やバスケットボールなど他の競技にも展開していく。

※国際産学連携本部ウエブサイトの「筑波大学発ベンチャー一覧」に順次掲載予定です。
筑波大学発ベンチャー一覧:https://www.sanrenhonbu.tsukuba.ac.jp/spin_offs/year/

その他、ベンチャー企業に関する情報:https://www.sanrenhonbu.tsukuba.ac.jp/category/spin_offs_news/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】 ★ 企業様を対象とした「産学連携プラットフォーム」の紹介 ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
企業様が求めているニーズにお応えする「産学連携プラットフォーム」( http://sme-univ-coop.jp/ )のご紹介です。
筑波大学、名古屋工業大学、千葉大学、茨城大学、農業・食品産業技術総合研究機構、北海道大学、九州大学と企業様がコラボレーションする「共創の場」を提供します。
技術シーズ・研究トピックを「健康・医療機器」「食品」「環境・エネルギー」「IoT、ロボット」「次世代自動車」「ものづくり」の6つのカテゴリーに分類し、企業様の課題解決はもちろん、大学・研究機関の知恵と知見(研究力、技術力、保有特許)を提案する仕組みです。
技術シーズ・研究トピックは、各分野におけるトップクラス研究者の研究力を生かした面白い内容です。「産学連携プラットフォーム」を通して役立つ情報を発信していきます。

【新着ニュース】
九州大学が、産学連携プラットフォームに参加しました。

九州大学が産学連携プラットフォームに参加しました

千葉大学より、イベント開催のお知らせです。
新産業創生プロデュース活動 第26回TLOフリートーキング~シリーズ第1回「人工知能(AI)とIoT」~センサーネットワークと行動予測~
http://www.ccr.chiba-u.jp/information/100593

インフォグラフィックス動画が追加されました。
■美しくしなやかに動画超解像

美しくしなやかに動画超解像

■手のひらに乗る化学分析チップを実現!
http://sme-univ-coop.jp/tsukuba-016

■ヒト胃消化シミュレーター

ヒト胃消化シミュレーター

※産学連携プラットフォームでは、最新の特許や技術シーズ・研究トピックを動画化した「インフォグラフィックス」を用い、分かりやすく紹介しています。

インフォグラフィックス

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】    ★ 筑波大学の研究成果―最新情報 ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆溶媒蒸気の識別が可能な新しい分子集合体材料を作成 ―取り込む分子に応じて蛍光が大きく変化する多孔性デンドリマー結晶―(2018/2/21発表)
http://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p201802211400.html

◆根粒菌との共生にかけるマメ科植物のエネルギー節約術 ~窒素栄養に応じて根粒共生を制御する仕組みの発見~(2018/2/5発表)
http://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p201802051900.html

◆ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)によるがん細胞殺傷効果の理論的な予測に成功 -新しい薬剤の開発や治療計画の最適化に役立つ数理モデルを開発-(2018/2/2発表)
https://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p201802021500.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【6】    ★ 産学官金連携に関するその他のご案内 ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 農林水産省 筑波産学連携支援センターオープンフォーラム(第1回)を開催 ■
「農林水産・食品分野における研究成果の知的財産マネジメントと人材育成フォーラム」

日時:2018年3月9日(金) 9:15~12:00
場所:つくば国際会議場 中ホール(https://www.epochal.or.jp/access/map_shuhen.html )
定員:200人(先着順、事前申し込み制)
参加費:無料
主催:農林水産省
申し込み:http://www.affrc.maff.go.jp/tsukuba/top/event/forum/20180309forum01.html
◇問い合わせ (農林水産省農林水産技術会議事務局 筑波産学連携支援センター
Tel 029-838-7126

■ つくば発イノベーション第36回講演会/第6回つくば発先端技術発表会を開催 ■
「社会インフラ維持・管理に向けた先端計測技術」

日時:2018年3月19日(月)14:00~16:30(13:30開場・受付)
場所:つくば市役所消防本部 3階多目的ホール
申し込み方法:チラシ裏面の申し込み書に必要事項を記入のうえ、ファックスまたはe-mail、電話で事前申し込み
申し込み用チラシのダウンロードはこちら⇒http://www.aist.go.jp/Portals/0/resource_images/aist_j/event/ev2018/ev20180319/open_innovation_tsukuba36.pdf
主催:つくば市、国立研究開発法人産業技術総合研究所
共催:一般社団法人つくばグローバル・イノベーション推進機構、株式会社常陽銀行
後援:株式会社つくば研究支援センター

■ つくば市特定創業支援事業の証明を受けた方へ~新規創業促進補助金のお知らせ ■

つくば市では、つくば市特定創業支援事業による証明を受けた会社へ、設立時の登録免許税を補助する「平成29年度新規創業促進補助金」の申請者を募集しています。
詳細(つくば市HP):http://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/14216/14656/021619.html
本学は、つくば市特定創業支援事業の実施機関の一つとして、ワンストップ相談等により市内での創業をサポートしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【6】    ★ 国際産学連携本部より ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ウエブサイトをリニューアルしました●
①検索機能を追加し、使いやすくしました。
②5つの開発研究センターのコーナーを新設しました。
https://www.sanrenhonbu.tsukuba.ac.jp/

●『未来技術に投資しよう―日本初「金の卵」を筑波大学に探しに行く』が発刊されました●

【筑波大学と野村證券との共同企画】 『未来技術に投資しよう―日本発「金の卵」を筑波大学に探しに行く―』の発刊について

●日刊工業新聞電子版で、本学の産学連携に関する記事が掲載されました●

日刊工業新聞電子版で、本学の産学連携に関する記事が掲載されました

●科学技術相談承ります●
筑波大学と共同研究をしたい、大学から技術指導を受けたいなど、産学連携に関するご相談をお受けします。
科学技術相談、共同研究、受託研究、学術指導、技術移転、特許、講演、取材、寄付、社会貢献活動等のご相談は、内容を科学技術相談申込書にご記入頂き、Email または Fax にてお送りください。
国際産学連携本部が受付窓口として受信し、各分野の専門家である技術移転マネージャー等と打合せ、教員を紹介しております。
なお、受入を可とする教員がいない場合は、その旨をご回答させていただきます。

科学技術相談申込書のダウンロードはこちら

企業の皆様へ

科学技術相談申込書の宛先
筑波大学 国際産学連携本部(産学連携企画課 イノベーション・エコシステム企画推進係)
TEL 029-859-1490  FAX 029-859-1693
E-mail tlo@ilc.tsukuba.ac.jp

======================================
国立大学法人 筑波大学 国際産学連携本部( http://www.sanrenhonbu.tsukuba.ac.jp/ )
〒305-8550 茨城県つくば市春日1-2 高細精医療イノベーション棟1階
Tel 029-859-1489 Fax 029-859-1693
Email tlo@ilc.tsukuba.ac.jp
======================================

——————————————————————————–
*このメールマガジンは、筑波大学産学連携部からのご案内を許諾いただいた皆様へお送りしています。
お手数ですが配信不要の方は、その旨をこのメールアドレス( tlo@ilc.tsukuba.ac.jp )宛でご連絡いただけますようお願いします。
——————————————————————————–

カテゴリー: ニュース, 新着情報   パーマリンク